末広

2019/05/26


ベルクラシック小倉ブログご覧いただきまして誠にありがとうございます

今日は、和装の時の小物、末広について書かせて頂きます

末広とは(扇子)の事。 広げると片側は、金、もう片側は銀色になっています。

広げて使うのではなく、帯に挿して飾りますが、写真を撮るために手に持つときは、

閉じた状態で持ちます。

末広がりの幸せが続きますように 末広という文字通り、そんな意味が込められているそうです

面や房飾りの色は、白無垢の時のは、白いもの、色打掛、引き振袖の時は、色を合わせて選んだりします

是非参考にしてみて下さい